EMライフ オンラインショッピング
 
詳細検索
 |  ログイン  |

             

天地開闢 エムザイム 天地開闢 エムザイム プロハーブ 白井田七
EM発酵飲料の一番の違いは発酵の主体となっている菌が異なっていることです。当店では唯一の放線菌主体発酵の「エムザイム」をお勧めしています。

ホーム >>  天地開闢「エムザイム」

天地開闢「エムザイム」


天地開闢エムザイム

サン興産業が比嘉教授と共にEMを世に送り出して20有余年。
農業分野では、土壌改良による有機農業の推進、環境分野においては河川の浄化や生ゴミ・蓄糞の堆肥化、健康分野でもEM発酵飲料の開発など多岐にわたり活躍してきました。

そのような中で、サン興産業は発酵飲料にこだわり、“何かほかの優れた素材を使ってさらに良いものは出来ないだろうか?” そんな思いが消えることはありませんでした。
そして業界随一の技術と経験を集結し、EMが本来持っているパワーを余すことなく引き出し、最高レベルのEM発酵飲料、天地開闢「エムザイム」が誕生しました。

当店も自信を持ってお勧めするEM発酵飲料です。

天地開闢エムザイム 開発ストーリー

EMの前身となる製品は、当初サン興 産業より微生物農業資材バイオスター、バイオライフ、バイオクリーン、バイオ ガーデンという製品名で販売されていました。
しかし品質的に安定せず、当時琉球大学において土壌微生物の研究をしていた農学博士比嘉教授に協力を求め、他の微生物を取り込むなど試行錯誤の末、EMの基礎が出来上がり大きく飛躍し確立された微生物資材へと生まれ変わりました。
長年微生物資材を研究製造販売していたサン興産業と比嘉教授との運命的な出会いが、EM技術を生み出したと言えます。
 >>詳細はトピックス「EMの歴史」

昭和58年、EMは元沖縄県農林部長大城喜信氏の命名によりサイオンと名付けられ、サン興産業によりサイオンEM2号、サイオンEM3号、サイオンEM4号として世に送り出されました。
ちなみにサイオンとは、沖縄の農業の三大恩人の1人である蔡温(さいおん)の名を取り製品名としたそうです。その後、自然農法を推進する団体等の力もあり、EMは順調に普及し、多くの方々に利用されるようになりました。

サイオンEM

EMの開発から10数年後、サイオンEMに含まれる「放線菌」の力を健康分野で活用することはできないかという思いから、EM発酵飲料であるEMXの技術が確立され、その製造販売を熱帯資源植物研究所が担うこととなりました。

エムザイムイメージその後EMは農業用資材だけでなく、環境、建築など多岐にわたる分野での活用が拡大し、様々なメーカーからEM応用商品が発売されるようになりました。しかしながら、口こみで広まった弊害により、誤った情報・知識も多数広まってしまいました。(EMは万能などという誤った認識)

特にEM発酵飲料の分野では様々な商品が乱立し、EMXの技術開発に関わりEMを知り尽くすサン興産業としては、真のEMの技術を生かしたEM発酵飲料を作りたいという思いを強く持つようになりました。

そして「本来のEMの良さを引き出した、サン興産業でしか作れない究極のEM発酵飲料をつくろう」と開発がスタート。
そして5年の歳月を経て、EMの良さを知りつくした人々が丹精込めて作った素材たちと、最高のEM製造技術を持った職人の技を融合させ、ここに天地開闢エムザイムが 誕生しました。

製造担当者・機器消毒槽

田七人参をはじめ選び抜かれた素材を使用

開発は素材選びから困難を極めました。
数十種類の素材候補の中から、安心・安全なことをベースに、かつEM発酵との相性も加味し、有機無農薬の米ぬか・春ウコン・沖縄モズク・青パパイヤ、田七人参(でんしちにんじん)の5種類の素材を厳選しました。

特に漢方薬としても広く利用されている田七人参は、有機JASはもちろん、オーガニック先進国ドイツのIFOAM(国際有機農業運動連盟)の認証を取得した、EM栽培の田七人参(アドバンス社製)を使用しています。田七人参は、その豊富に含まれる栄養素と副作用が全くないことで、古来中国でも「金不換」と呼ばれ、お金にも換えがたい大変な貴重品として扱われてきました。

アドバンス社の田七人参は、「白井田七」という名前で販売されている人気商品です。
>>白井田七はこちら

春ウコン(はるうこん)
【主成分】クルクミン
【栽培方法】有機無農薬
【由来・来歴】EMの老舗であるサン興産業が20年以上無農薬管理する農場にて栽培
【効果・効能】胆汁の分泌促進(消化促進)、肝機能の向上、活性酸素の中和、抗コレステロール作用
田七人参(でんしちにんじん)
【主成分】田七サポニン
【栽培方法】有機無農薬、雲南省の高地で10年以上にわたりEMで有機無農薬栽培中(アドバンス社)
【由来・来歴】収穫まで3〜7年かかることから別名「三七人参」や「金不換」と呼ばれる。
【効果・効能】血圧値調節作用、抗コレステロール作用、抗腫瘍作用(大腸・肺・肝臓に卓効)、肝機能の向上
沖縄モズク(おきなわもずく)
【主成分】フコイダン
【由来・来歴】コンブ・ワカメ・モズク等の褐色藻類に多く含まれる増粘多糖類
【効果・効能】強い制ガン作用(日本癌学会発表)、ガン細胞のアポトーシス化(ガン細胞の自滅化)が注目を浴びている
米ぬか(こめぬか)
【主成分】フィチン酸/イシトール
【栽培方法】無農薬
【由来・来歴】数少ない完全栄養食品であり、現在健康に関係する様々な効果を多くの研究者が解明しつつある
【効果・効能】抗ガン(腫瘍)作用、高脂血症改善
青パパイヤ(あおぱぱいや)
【主成分】パパイヤ酵素(パパイン)
【栽培方法】有機無農薬(サン興産業)
【由来・来歴】タンパク質分解酵素
【効果・効能】抗炎症作用、コレステロール分解

抗生物質を作る放線菌 〜 天地開闢 エムザイム

天地開闢 エムザイム

放線菌はカビに似た形態をもち、主に土壌中に多数存在する細菌の一種で、落葉などの有機物の分解者として大きな役割を果たしています。
放線菌には様々な抗生物質(※)、抗ガン剤、免疫抑制剤などの生理活性物質を生産する菌種が数多く含まれています。
抗生物質生産菌の大部分が放線菌に属しているため、医薬品原料の供給源としてとても重要な細菌です。

代表的なものとして、放線菌の培養液から見つかった抗生物質「ストレプトマイシン」は結核の化学療法剤として広く用いられています。
他にもこれまでに発見された新規微生物代謝産物の約7割が放線菌から発見されています。
つまり放線菌主体発酵のエムザイムには、多数の抗生物質が含まれている可能性があるのです。

※抗生物質とは、微生物によってつくられ病気の原因となる菌を殺したり増殖を抑えたりすることで感染症を治療する薬。

これまでに発見された微生物代謝産物の約7割が放線菌から発見されている

エムザイム推薦のことば

医療法人 後藤クリニック理事長・院長後藤誠一氏

長生きをするためには、日頃から自分の体の状態を把握することが大切です。
無理をしないで生きれば、人間は100歳まで生きられるようになっています。

EM発酵飲料はこれからも治療や健康維持など、幅広い分野での活躍が期待できると考えています。私は約15年間にわたりEM飲料の医学的検証をしてきましたが、今一番お勧めするEM発酵飲料が、天地開闢エムザイム です。特に原材料の部分で優位であると考えています。
ただどんなに良いものでも飲むだけではダメです。
健全な生活・食事・心の安定などがあって、より大きな効果が期待できるのです。

私はEMXからエムザイムまでの患者さんへの治療データを、カルテなどの中心に全て記録として残しています。将来的にこのデータをきちんとした形でまとめる予定です。

【略歴】
医学博士 九州大学医学部卒 
米国インディアナ大学医学部留学などを経て1994年北九州市に後藤クリニック開設。
同年8月よりEM飲料の取り扱いを開始し、 数多くのEM飲料の臨床データを発表。
最近では音楽療法も積極的に取り入れている。

エムザイムはヨーロッパでも販売されています

エムザイムの効果が認められ、ドイツのミクロ ヴェダ社よりヨーロッパでの販売が開始されました。パッケージは日本のものとは異なっていますが、 中身はサン興産業が製造した純沖縄産です。
エムザイムイメージ

pdf


この商品は1本から送料無料です


天地開闢「エムザイム」

天地開闢「エムザイム」


4,320円  4,115円
割引: 5%OFF


今すぐ購入




EMライフ お勧め商品
IPアドレス: 54.145.85.87   
 | ホーム |  ログイン  |