EMライフ オンラインショッピング
 
詳細検索
 |  ログイン  |

             

天地開闢 エムザイム 天地開闢 エムザイム プロハーブ 白井田七
EM発酵飲料の一番の違いは発酵の主体となっている菌が異なっていることです。当店では唯一の放線菌主体発酵の「エムザイム」をお勧めしています。

ホーム >>  EM発酵飲料とは?その違い

EM発酵飲料とは?その違い

EM発酵飲料とは一言で言うと、主原料・副原料を有用微生物で発酵・複合培養した液体のことです。
発酵させることにより、二次代謝産物(※以下「代謝物」と表記)もしくは菌生産物質と呼ばれている各種ビタミン、酵素、ミネラル、アミノ酸などが豊富に生成され、これらを抽出したものがEM発酵飲料となります。
EM発酵飲料には菌が入っていると思っている方もいらっしゃいますが、生きた菌は入っていません。

EM発酵飲料

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

私たちの体内には約100種類、100兆個以上の細菌が棲んでいるといわれていましたが、最近発表された「メタゲノム解析」という新たな遺伝子解析法による研究で1000種類以上、9000兆個にも及ぶことがわかりました。
これらの細菌は、生まれてからの住環境、食生活などによってその種類と組み合わせは様々で、一卵性双生児でもそれは異なっています。

腸内細菌

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる菌が住みつき、発酵と腐敗を繰り返しながらお互いに共生し、同時にさまざまな「代謝物」を生産しています。 (詳細は「微生物について」を参照)

善玉菌は種々のビタミン類やタンパクの合成、消化作用を助けるといった重要な役割を担っています。
また腸内発酵を進め、外部から侵入した病原細菌が腸内で増殖するのを防止し、有益な代謝物を生成して腸内を健康に保つ働きもあります。

悪玉菌は増殖すると便秘になりやすく、 腸内の腐敗が進み有害な代謝物 (腐敗物質、毒素、発ガン物質など)を生成してさまざまな病気を引き起こす可能性があります。

腸内の善玉菌を増やす方法として、ヨーグルトなどの乳酸菌食品で菌そのものを直接摂取する方法がありますが、摂取してもほとんどの乳酸菌が胃で死滅してしまい、腸に到達しないことが研究で明らかになっています。
最近、腸まで菌が生きて届くプロバイオティクス食品が登場しましたが、生きて腸に届いた乳酸菌はもともと腸内に棲んでいる菌とは異なるため、腸内に住み着き増殖・定着することがなかなか難しく、通過菌として体外に排出されてしまうことが多いのです。

重要なのは菌そのものではなく発酵時に生成される代謝物

菌生産物質

そこで大切になるのが、あなたの腸内に棲みついている善玉菌を増やすのではなく、上手に育て強くすることなのです。

一般的に菌類は、生まれてから死滅するまでの間にいろいろな物質を体外に放出します。
この物質を「代謝物」あるいは「分泌物」と呼びます。
腸内では善玉菌たちがお互い持ちつ持たれつの関係を結び、それぞれの「代謝物」が相手の繁殖を促進するという性質で共存共栄しています。
この事から、腸内の善玉菌を 増やすための重要な役目を果たすのは、特定の生きた菌そのものではなく善玉菌の「代謝物」ではないかと考えられています。

EM発酵飲料は、本来ならば腸内で善玉菌が代謝により造り出す「代謝物」を、人工的に体外で造ったものです。
EM発酵飲料は善玉菌が「代謝物」として生成した有効成分を、効果的にダイレクトに体内に吸収することができる健康飲料です。
なお「代謝物」とは菌が発酵過程において生成する物質の総称で、あくまで菌が作り出した物質であって菌そのものとは異なります。 「代謝」といわれるように、何かを食べた代わりにまったく別の物質を放出するようなイメージです。

EM発酵飲料

EM発酵飲料で主体になっている菌

現在、EMXゴールド・萬寿のしずく・バランスα・天地開闢エムザイムの4種類のEM発酵飲料が販売されていますが、過去に販売されていたEMXを含めると合計5種類となります。これら5種類は同じEM発酵飲料でありながら、それぞれ異なった特徴を持っています。
一番大きな違いは発酵の主体となっている菌が異なっていることです。

「EMX」「萬寿のしずく」「バランスα」は乳酸菌主体で発酵熟成してその代謝物を抽出したもの、「天地開闢エムザイム」は放線菌主体のものになります。また「EMXゴールド」は酵母菌主体となります。
同じ菌が主体であっても、主原料・副原料の違いにより、生成される代謝物は異なっています。

乳酸菌主体 EMX、萬寿のしずく、バランスα
放線菌主体 天地開闢エムザイム
酵母菌主体 EMXゴールド

免疫力を高める乳酸菌 〜 EMX、萬寿のしずく、バランスα

EMX 萬寿のしずく バランスα

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やして便通を改善する効果があるのはよく知られていますが、ほかにも様々な働きをもっています。

  • 悪玉菌が増えるとアミノ酸やたんぱく質を分解して有毒物質を生成、さまざまな病気の原因にもなり、これが長年続くと大腸がんや動脈硬化などを引き起こします。
    乳酸菌は、ブドウ糖等を分解して乳酸を作り腸内環境を酸性に保ち、その結果アルカリ性を好む悪玉菌やウィルス、病原菌の侵入を防御して感染を防ぎ腸内環境を整えます。
  • 体内で乳酸や酢酸のほか、ビタミンB群(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12)などの生理活性物質を作り出します。
    また腸管を通じて皮膚の内部に到達し、傷んだ元気のない細胞に働きかけ細胞分裂を促す働きもあります。

また最近、乳酸菌には花粉症などのアレルギー症状の緩和、アトピー性皮膚炎の発症予防などに効果があるという研究結果が発表され注目を集めています。しかも一時的にアレルギー状態を改善するのではなく、免疫バランスを整えてアレルギーになりにくい体質をつくるという効果があるとのことで、今後の研究が期待されています。

乳酸菌

抗生物質を作る放線菌 〜 天地開闢エムザイム

天地開闢エムザイム

放線菌はカビに似た形態をもち、主に土壌中に多数存在する細菌の一種で、落葉などの有機物の分解者として大きな役割を果たしています。
放線菌には様々な抗生物質(※)、抗ガン剤、免疫抑制剤などの生理活性物質を生産する菌種が数多く含まれています。
抗生物質生産菌の大部分が放線菌に属しているため、医薬品原料の供給源としてとても重要な細菌です。

代表的なものとして、放線菌の培養液から見つかった抗生物質「ストレプトマイシン」は結核の化学療法剤として広く用いられています。
他にも主な抗生物質には、バンコマイシン(抗MRSA)、エバーメクチン(抗寄生虫)など、これまでに発見された新規微生物代謝産物の約7割が放線菌から発見されています。
これらの発見をきっかけにして、今日までに放線菌が生産する抗生物質・生理活性物質は医薬品を中心に、農薬、動物薬、酵素阻害剤など多岐にわたっており、今後も多くの可能性を秘めた微生物資源です。

※抗生物質とは、微生物によってつくられ病気の原因となる菌を殺したり増殖を抑えたりすることで感染症を治療する薬。

これまでに発見された微生物代謝産物の約7割が放線菌から発見されている

伝統的な発酵食品に利用されている酵母菌 〜 EMXゴールド

EMXゴールド

酵母は味噌や日本酒、ビールなどの発酵食品を作る際に、原料となる食物の発酵を進めるために使われてきました。
また酵母菌の中から発酵力の強い菌を選んで抽出したものは、「イースト」と呼ばれ、主にパンの製造に使われています。
酵母は発酵食品のもととなる食材が含む糖分を、アルコールと炭酸ガスに分解しながら分裂・成長します。

酵母菌を体内に取り入れる効果としては、酵母菌は体内にある糖分を源にして繁殖するので、必要のない糖分は酵母菌によって消費されるので、肥満を予防することが期待されます。
また酵母菌に含まれる豊富なアミノ酸やミネラルが、体内の代謝機能を向上し脂肪が燃焼しやすい体を作り出してくれます。

酵母エキスとは

ビール酵母やパン酵母などの原料を、酵素分解や熱水などによる処理により抽出・濃縮されたエキス。 最近は、酵母を酵母自身の酵素で分解する自己消化型も増えている。
アミノ酸や核酸関連物質、ミネラル、ビタミン類などを多く含むため調味料として利用されることが多いが、食品添加物ではなく醤油や昆布エキスなどと同様に食品に分類されている。
身近なところでは、スナック菓子やカップラーメンなどにも使用されている。

酵母菌

まとめ

当店では、EM発酵飲料は基本的には病気の部位に直接作用するのではなく、本来人間が持っている抵抗力・自然治癒力を高めて快方に向かわせるという商品だと考えております。
EM発酵飲料は医薬品ではありませんので、自分の身体と相談しながら、自分に合ったEM発酵飲料を探していく、というのがEM発酵飲料の本来の使用方法ではないでしょうか。

EM発酵飲料系統図
EMXゴールド EMX 萬寿のしずく バランスα エムザイム

IPアドレス: 54.145.85.87   
 | ホーム |  ログイン  |