EMライフ オンラインショッピング
 
詳細検索
 |  ログイン  |

             

天地開闢 エムザイム 天地開闢 エムザイム プロハーブ 白井田七
EM発酵飲料の一番の違いは発酵の主体となっている菌が異なっていることです。当店では唯一の放線菌主体発酵の「エムザイム」をお勧めしています。

ホーム >>  失敗しないEM培養液の作り方

失敗しないEM培養液の作り方

EM培養液は活性液とも呼ばれていますが、決して菌を活性化するために作るものではありません。
培養することにより単純に量を増やし、コストを抑えることを目的として作るものです。大規模農家などEMを大量に使用する方々においては、コスト面においてとても有用な農業資材です。
家庭菜園など少量の使用においては、培養液を作るのではなくそのまま希釈して使用することをお勧めしています。(1000倍〜使用可)

EMは生きた菌ですので、菌の餌となる糖蜜を利用することにより培養することができます。
EM1と全く同じもの、コピーを作ることをイメージしてください。
培養液をつくる上で一番気をつけなければならないのは、EM1の主要菌である乳酸菌・放線菌・光合成細菌のバランスを、オリジナルのEM1と同等に保つことです。(乳酸菌は糖蜜をエサに培養可能ですが、放線菌・光合成細菌は糖蜜では培養できないので、2号と3号を少量加えます。)

EM培養液(活性液)

EM培養液(活性液)の作り方

  1. 糖蜜25ccを適量の水、またはお湯によく溶かしペットボトルに入れます。
    (お湯の場合には人肌くらいに冷ましてから△愎覆澆泙后)
  2. EM1号  -------------------- 100cc
    EM2号  --------------------  5cc
    EM3号  --------------------  5cc
    をペットボトルに入れ、水を900ccの目盛りまで加えます。
    (ペットボトルの肩口くらいまで)
  3. 2〜3回ペットボトルをゆっくりと上下させます。
    しっかりとキャップを閉め、できるだけ太陽の光が当たる場所か湿度の高い場所に置くと、1〜2日で炭酸ガスが出てきてペットボトルがパンパンに膨れあがります。
    キャップをゆっくりとゆるめながらガス抜きをし、このガス抜きを膨れなくなるまで何度か繰り返します。
  4. キャップを開けてもガスが出なくなれば出来上がりです。 
    キャップを開けてもくさい臭いがしない事、舐めてみて甘みがなくすっぱい事。またphが3.9以下であれば成功です。
    熟成期間を十分ににとるとさらに良い活性液になりますので、冷暗所で1ヶ月以上保存してから使用してください。
    ペットボトルを押して中の空気をできるだけ少なくし、太陽の当たらない涼しい場所で保存します。小さな容器に分割すると保存しやすくなります。
EM培養液(活性液)の作り方

ワンポイント講座

重要なのは培養液の倍率は10倍までとすることと、2次培養3次培養はおこなわないことです。
一般の人が活性液を作る環境は、容器・空気中など様々なところに雑菌が存在し、それらの雑菌が活性液の中に取り込まれます。
100倍、1000倍の培養液を勧めているケースもあるようですが、EM菌の絶対数が少なくなりEM本来の効果が現れないケースが多く、また菌のバランスが崩れ腐敗する可能性が高いのでお勧めいたしません。

EM1号に含まれている菌のうち、乳酸菌は糖蜜を餌として培養できます。
しかし放線菌・光合成細菌の餌は主にキチン質・硫化水素や有機酸なので、糖蜜を入れても培養することができません。 糖蜜では培養できない菌を補うため、放線菌、光合成細菌が主体のEM2号・EM3号を少量加えて、菌バランスのとれた活性液をつくります。

また下記の点にご注意ください。

  • 糖蜜は水またはぬるま湯で丁寧に溶かします。
  • 密閉して下さい。(空気中の雑菌が入り込むと腐敗する場合があります。)
  • 暖かい場所で発酵させて下さい。(20〜40度)ただし直射日光は避ける。
  • ペットボトルなどの容器は、雑菌の入っていない清潔なものを使用します。
  • ペットボトルを使う場合には、炭酸飲料が入っていたものがおススメです。(圧力に強いため)


pdf
IPアドレス: 54.145.85.87   
 | ホーム |  ログイン  |